ラジオ修理館-まえ製作所-
http://maepen25.web.fc2.com/main/radio/radio_main
このページは主に昭和に製造された国内のラジオ<AM・FM・短波>の雑記や調整&修理記です。

今ではラジオを持ってない人も多いですが、アナログ回路を勉強するのには最適な機材です。
修理したものや調整したもの、そのまま使えるものなど機種別にページが出来てます。
主に昭和40〜60年代のラジオですが、様々なものを載せてゆくつもりです。
ちなみに、管理人はゲルマニウムトランジスタを好みます。
でも、最近は真空管ラジオにはまってたり・・・


[--機種ごとのページ--]
(各ページの画像はクリックで大きくなります)


[--ゲルマニウムトランジスタ・ラジオ--]

松下6石トランジスタ・ラジオR-1015  -昭和51年-

松下6石トランジスタ・ラジオR-1045  -昭和49年-

シャープ(早川電機工業)10石トランジスタ・ラジオFX-502(FM)  -不明年-




[--トランジスタラジオ・ホームラジオ--]
主に昭和に発売されたトランジスタラジオ・ホームラジオを直してます。
ホームラジオは家庭用電源を使用できるものがありますが、家庭用電源は扱いを間違えると
命に関わる場合もありますので、専門的な知識がない場合は専門家に修理を依頼しましょう。


SONYホームラジオ TFM-9200 -昭和46年-
[--真空管ラジオ--]
(真空管ラジオは発売から数十年経過しており、内部の部品(コンデンサ等)は確実に劣化しています。
購入してすぐの電源投入は大変危険です。電気知識が無い方は絶対に分解等をしないでください
また、内部の部品は100V近い電圧がかかってます。出来る限り修理分解は専門家に依頼しましょう)


三菱ラジオ 5P-380 -不明年-

三菱ラジオ 5P-468 -不明年-

ナショナルラジオ CX-435-昭和30年代-

三菱ラジオ 5P-270 -昭和30年代-



<TOPへ戻る>


画像背景Powered by ヒバナ